オスグッド病 三田市 西宮市 神戸市 なかなか良くならないオスグッド、成長痛

オスグッド病の定義と当院の見解

 。

日本整形外科学会による説明

症状
 脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。
原因と病態
 10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。
診断
 診断は特徴的な上記症状と同部の圧痛や隆起である程度可能ですが、X線(レントゲン)検査を行うことで確定します。
予防と治療
 成長期の一過性の病気で、成長が終了すると、多くは治癒します。この時期はスポーツを控えることが大切です。上記の症状を強くさせないためには、大腿四頭筋のストレッチングやアイスマッサージなどを行い、痛みが強いときのみ、内服や湿布をします。
 痛みがなくなればスポーツは可能です。発症後3~6ヵ月はスポーツをすると症状が強くなるので、スポーツ前後に上記ストレッチングやアイスマッサージ、ベルトの装着などをした上でのスポーツすることをお勧めします。

※日本整形外科学会HP参照

当治療院の見解

成長痛ではない
 よくオスグッド病を成長痛と言われている医療機関がありますが、成長時期に発症するから「成長痛」と言っています。そこから「成長が止まるまで治らない」という間違った考えを植え付けられている患者さんが中にはいて、可哀そうな思いをされています。
 これは間違いです。当院の治癒実績を見て頂ければ、成長まっただ中なのにみなさん治癒しています。
動かし過ぎではない
 よく「運動し過ぎ」「ジャンプし過ぎ」など、「〇〇し過ぎ」ということがさも原因のように言われます。これも間違いだと言えます。確かに、よくクラブ活動などでよく動く子のほうがオスグッドに罹患しやすいのですが、それが決定的な要因であるなら、バスケットボール部や陸上部の子供たちはみなオスグッドにならなければいけません。実際はそうではありません。
 一見正しいように思える原因、「大腿四頭筋の牽引力により、脛骨粗面が引っ張られて起こる障害」という説明はその通りですが、原因ではありません。
本当の原因
 本当の原因はもっとよく考えれば分かります。なぜ、片側の脚だけ、なぜその子だけ、大腿四頭筋が痛くなるくらいに脛骨粗面を牽引するのか?ということをつきつめて考えていくと、体のバランスの悪さに起因します。
 これが本当の原因なのです。
残念な現状
 各関節同士の連携や荷重のバランスが悪いために起こっていることがほとんどです。証拠に、、、
 〇成長途中でも治る
 〇炎症がまだあるのに痛みがなくなる
 〇大腿四頭筋のストレッチはしないでも治る
 このようなことが当院では普通に起こります。
 ただ、現状では「オスグッドは休む」「成長が止まるまで治らない」ということを流布している医療機関が数多く存在します。
 これは非常に残念なことです。まず、障害の原因を考えていないということです。さらに、子供たちにウソ(発症後3ヶ月~6か月はスポーツしてはいけない、大腿四頭筋をストレッチしなければいけない等)を信じ込ませてしまい、好きなスポーツを断念させないといけなくさせているということです。
 たとえば、普通の人なら分かりませんか? 大腿四頭筋が引っ張って膝下が痛いのに、その大腿四頭筋を引っ張っるようにアドバイスされるんです。余計に痛くしているんです。普通ならこんなアドバイスしません。素直な子が「大腿四頭筋をストレッチしなさい」と言われて、まじめにしていたらどんどん悪化してきた。痛みで日常生活にも支障がでて当院へ来られた子も過去にいました。
子供たちに希望の光を
 大好きなスポーツができなくなったときのことを考えてください。とても悲しい気持ちを持つでしょう。同じクラブの全員がオスグッドで練習ができないなら話は分かりますが、自分だけ練習を休まなければいけないということになるのです。失望しませんか? 普通ならグレてもおかしくありません。でも、そいう引き金を医療が引くことになりかねないのです。
 そんな子供を一人でも作りたくない。そんな姿勢で日々臨床で子供たちに接しています。


 医師法の問題、景品表示法の問題がありすべてをここにお書きできませんが、当院はとにかく皆さまに良くなってまた元気な生活を送っていただきたい一心で、日々施術を行っております。辛い方はそんな法律などどうでもいい、とにかく楽になれるなら助けてほしいという気持ちでいらっしゃいます。ですので、ここにお書きできることには限界がありますので、もし辛くて仕方ない方がいらっしゃいましたら、直接いらしてご相談ください。



オスグッド・成長痛のページへ戻る



受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××

患者様専用ダイヤルcut

☎予約関係専用電話 ※患者さま専用ダイヤル

(078)981-1089

a:108 t:1 y:0