国家資格に必要な科目

国家資格を取るための科目

 国家資格である、柔道整復師は以下のような医学の基礎をみっちり学んで、国家試験に合格しています。

柔道整復師

基礎科目
人文社会,社会科学,自然科学,保健体育,外国語
専門基礎科目
解剖学,生理学,運動学,病理学概論,衛生学・講習衛生学,一般臨床医学,外科学概論,整形外科学,リハビリテーション医学,医学史
専門科目
柔道整復理論,柔道整復実技,関係法規

以上の中でも、専門基礎科目である解剖学、生理学は非常に重要ですので、単位数が多く設定されています。

さらなる専門知識が必要です

 ところが、上記には女性の医学基礎が入っていません。学校ではほとんど習わないのです。人の基礎構造は勉強して国家資格を取得した後でも、妊娠や出産、産褥についての知識は全く不足している状態なのです。そして、一般的な妊娠・出産にまつわる知識だけでは対処できません。
 人の体を本当に理解するということは、内臓系、筋骨格系、隔膜系、神経系の理解をしていることが必要です。しかし、柔道整復師や鍼灸師の資格を取ったところで、このような知識の浅いところまでしか学習していません。しかも、臨床と結びついていないのです。
 そこで当院では、オリジナルカリキュラムを作成して、ちゃんと知識をつけ、技術を身につけた国家資格施術者が担当し、皆様に安心と安全をご提供しています。
神戸市 三田市 西宮市 産後骨盤矯正 当院では日本は当然のこと、最新そして広い知識・研究からみなさまにご提供する施術を組み立てております。どうかご安心していらしてください