男性・女性の骨透過

矯正してもまた戻るのでは?

 背骨の矯正や骨盤矯正をしても、また時間が経てば歪むのでは?という疑問をお持ちになる方もいらっしゃいます。こうお思いになるのは当然です。むしろそうお思いにならないほうが不思議なくらいです。しかし、当院の矯正法は卒業された後のことを十分考慮してケアをさせていただいております。

戻りにくい矯正法

坐骨の位置
 出産により、骨盤が「開き」ます。この開くというのは漠然としたイメージなのではないでしょうか? 柔整や鍼灸の学生、整体の初心者にこの「開く」という質問をしてもちゃんと答えられる人はほとんどいません。出産により、坐骨間距離が離れるのです。この距離を元の位置に戻すことが、産後骨盤矯正で非常に重要な要素となります。
重力を利用
 さて、骨盤矯正のうち、坐骨間距離を縮めることは上記の通りです。その距離が縮まればどういうことが起こるでしょうか? 上にあるイラストをご参考にしてください。足部からの床反力は脛骨(スネの骨)、大腿骨(太ももの骨)という風に伝わって、骨盤へつながる前に内方へ折れ曲がっていませんか? この折れ曲がり角を利用するのです。この角を利用して、床反力のベクトルを適正に坐骨にかけることができるように矯正できれば、矯正した後で骨盤が開きにくくなる、むしろ締まっていくということになるのです。
 いつまでも産後ベルトを使いますか? あんな不自然なものをずっとつけるのは賛成できません。外力で押さえつけるのは、本来不自然なものです。私たちの身の回りには、ちゃんと常に力がかかっています。それは「重力」です。この重力は生まれてから、死ぬまで私たちに力をかけています。逆にこの「重力」を利用すればいいのです。かかり続ける「重力」が矯正になるような方向に骨盤を向けておけば、重力が味方してくれるのです。
すべてを合わせる
 ただ、骨盤だけでは不十分です。たとえば、完全な立方体の箱を思い浮かべてください。箱の一部をゆがめようとしても、必ず全体が歪むことになります(一部をへこましたりするのはなしです)。これと同じように人間の体も、骨盤だけが歪んで、他は正常ということはありえません。背骨、下肢、肋骨、上肢もそろえてはじめて、ちゃんと維持できる体になれるのです。ですから、「骨盤矯正」だけで元のお体には戻りませんし、逆に「骨盤矯正」のみを行っても、他の体の要素が歪んだままでは、締めた骨盤はまた開く方向に動かされてしまうのです。