【産後ケア】産後に骨盤ベルトをつけるべき? ~三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

産後にベルトをつけるべき?

 神戸市北区で、ホンモノの産後ケアを提供しているもみの木整骨院です。骨盤矯正やインナートレーニングでは解決しない、ホンモノのケアをご提供しています。

 さて、産後に妊娠前のズボンをはいたら・・・

 つっかえて、上がらない!!!

 となると、あなたはどうしますか?

 真っ先に思いつくのは「産後用の骨盤ベルト」ではないでしょうか?

 商品としては「〇〇ちゃんベルト」が有名です。

 産後ベルトについて、当院にいらっしゃる方々にお聞きすると、こんな答えが返ってきました。


産後ベルトは持ってます。でも・・・

 産後のママさんはたいてい産後用のベルトをお持ちです。

 恥骨あたりでぎゅっと締めるタイプです。

 でも、みなさん一度は使ったことがあるといいますが、すぐに使わなくなるのです。

 なぜか?

 それは座っているとベルトがずり上がってくるからです。

 ベルトをまた下ろさなければならない。

 座ればまたズリ下がってくる。

 きつく締めたら締めたでベルトの締めつけで痛くなって緩めるということになったり。

 この繰り返しで、もういい!ってなるのです。

 こんな不便な商品ですが、この点に関してはもう何十年も改良されていないんです。びっくりですね。

 そりゃ、使わなくなるのも当然です。

 骨盤を締めるベルトとはいえ、その機能を果たしていないわけですからね。


締めりゃいいってもんじゃない!

 さらに、骨盤を横から締めりゃいいってもんじゃない。

 骨盤は横に広がるだけではありません。

 捻れたり、上下に剪断したりします。

 また、骨盤だけでも上が閉じて、下が開くといったことも起こります。

 股関節の角度も関係してきます。

 これらを見極めて矯正するのが、当院の骨盤矯正です。

 そう考えると、適当にベルトでぐっと締めて、大丈夫かな?と心配になります。


結局、ベルトなんていらない!

 ですから、結局は産後の骨盤ベルトは必要ありません。

 ちゃんと骨盤を元に戻したいなら、矯正をするべきなのです。

 矯正で骨盤は安定して締まります。

 矯正がうまくいくかは、その施術者の技術レベルによりますから、誰でもいいって訳ではありません。

 当院では16年の実績と、日進月歩の産後ケアの研究を取り入れて、ママさんの健康をお守りしています。

 ただし、、、ベルトをつけなければいけないケースは一つだけあります。それは実際にお越しになった時、もし必要ならお話します。

しっかりした産後ケアとは?

産後骨盤矯正のトップ技術 もみの木整骨院

 当院は最新研究やエビデンスがある研究から、産後ケアのプログラムを構築しています。

 ですから、安心して産後ケアにいらしてください。

 また、メンタルの不調や赤ちゃんの健やかな発育に必要な知識なども、ケア中にお伝えします。発達障害の子どもを改善する神経刺激の与え方などですから、助産師や保健師さんも知らない知識となります。

 こうした産後ケアだけではなく、ママさんが身体的にも精神的にも幸せになれるような内容をご用意してお待ちしています。

 表面的なケアではない、ホンモノのケアをご提供しているもみの木整骨院にぜひご相談ください!


メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:59 t:2 y:0