【産後ケア】産後に起こる腰痛のメカニズム ~三田市|西宮市|神戸市の整体・整骨・鍼灸~

産後腰痛のメカニズム

 神戸市北区で、ホンモノの産後ケアを提供しているもみの木整骨院です。骨盤矯正やインナートレーニングでは解決しない、ホンモノのケアをご提供しています。

「産後にどこが痛くなりますか?」

 この質問への回答で一番多いのが「腰」です。

 やはり赤ちゃんを抱っこするので、腰に負担がかかるのは当たり前ですね。

 もともと腰が痛かった人も、妊娠中から痛みを感じてきた人も、産後に痛くなってきた人もいます。
 
 今回はそういった腰にまつわるお話をします。


身体の重心位置が変わる

妊婦さん

 妊娠すると、体の重心位置が変わります。

 お腹が出てくると前方へ移動しますよね。

 それを姿勢でなんとか後ろへもっていこうとします。

 ここで、もともと前方に重心がある方、後方に重心がある方で変わってきます。

 また、腰筋を優先的に使うパターンの方、お尻の筋肉を優先的に使うパターンの方などでも変わります。

 もともと猫背の方や平背の方でも違います。

 そして、腰の反りがもともとない方、反り過ぎの方も変わります。

 とにかく、一人ひとり、妊娠する前の姿勢や筋活動パターンが異なりますので、お腹の赤ちゃんの重みに対して、自分がどうそれに対処するかが変わってくるのです。

 そして対処の結果、腰やお尻にストレスがかかり、それが痛みを引き起こすレベルにまで上がると「腰痛」を感じるのです。


筋肉の過労働

妊婦さんの腰痛

 筋肉の過労働があります。

 腰の筋肉とお尻の筋肉です。

 この二つの筋肉を妊娠期や育児で過労状態になると、筋肉が悲鳴を上げます。

 妊娠期は腰椎の柔軟性が低いと、妊婦姿勢になるために腰やお尻の筋肉が過労働になります。

 また、産後は育児で使います。これは仕方ありませんね。

 でも、産後はお腹の筋肉が弱ります。それが腰の筋肉への過労働となることもあります。


では、腰痛で悩まされる人と悩まされない人の違いは?

画像の説明

 結局、妊娠だとか、育児だとかより、自分の身体の使い方に問題があるのです。

 ですから、痛みが出る人と出ない人とに分かれるのです。

 みなさん、根本的な治療って何だと思いますか?

✕ 筋肉が硬い
✕ インナーマッスルが弱い
✕ 骨盤が反っている

 このようなことは表面的なことです。原因ではありません。

 あなたは一生、筋肉の硬さを和らげるのにストレッチやマッサージをしますか?

 あなたは一生、インナーマッスルトレーニングをしたいですか?

 他の人で反り腰で痛みが出ていない人もいますよ。

 医療者は部分、部分を見て、そこが原因だと判断します。

 でも、実際は反り腰でも、それに対してうまくストレスを逃がしている体の構造になっていると、腰痛は起こりません。そんなに簡単に原因など分かりません。原因と言われていることの99%は結果です。

 では、ストレスを逃がす構造がなぜあなたにないのか?

 その原因を突き止めるのが、根本原因を突き止めることになるのです。

しっかりした産後ケアとは?

産後骨盤矯正のトップ技術 もみの木整骨院

 当院は最新研究やエビデンスがある研究から、産後ケアのプログラムを構築しています。

 ですから、安心して産後ケアにいらしてください。

 また、メンタルの不調や赤ちゃんの健やかな発育に必要な知識なども、ケア中にお伝えします。発達障害の子どもを改善する神経刺激の与え方などですから、助産師や保健師さんも知らない知識となります。

 こうした産後ケアだけではなく、ママさんが身体的にも精神的にも幸せになれるような内容をご用意してお待ちしています。

 表面的なケアではない、ホンモノのケアをご提供しているもみの木整骨院にぜひご相談ください!


メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な治療の内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:73 t:1 y:0