【産後ケア】子供の英語教育って、いつからすればいいの? ~三田市|西宮市|神戸市の産後整体・整骨・鍼灸~

子供の英語、いつから?

 神戸市北区で、ホンモノの産後ケアを提供しているもみの木整骨院です。骨盤矯正やインナートレーニングでは解決しない、ホンモノのケアをご提供しています。

 今回はお母さんのお身体に関することではありません。

 産後ケアをしている中で、お母さんから質問されることがあります。

 それは「子供に英語を習わせたいんですけど、いつからどのようにすればいいのか?」というご質問です。

 なぜ私がそのような質問をされるかと言いますと、もともと大手の予備校で英語の先生をしていたからです。

 ですので、論文も英語で読みますし、院内にも英語の本が本棚に置かれています。良質な論文は研究者が日本人であっても、英語で発表しますので、論文は英語です。海外のセミナーも受講できます。

 さて、今回は「英語はどのように、いつから教育すればいいか?」の質問にお答えします。


そもそも英語って、やったほうがいいの?

 英語の勉強をやったほうがいいか、やらなくてもいいかといった100か0かという極端なご質問には、もちろん「やったほうがいい」です。

 なぜかといいますと、世界が広がるからです。

 あなたはお子様に狭い世界で生きて欲しと思いますか?

 そうではないはずです。

 そして可能性が広がるとも言えます。

 ですから、英語を勉強することは、やって損はありません。

 ただし、教育費には損はありますが、これに関しては後程ご説明します。


この業界での英語の話

 みなさんが英語と日本語が同じくらいに使えるとします。

 本を出版する場合、どちらの言語で出版しますか?

 英語を読める人の世界人口は15億人です。

 それに比べて、日本語は1億ちょっとです。

 これ、どちらで出版したほうが売れると思いますか?

 今はAmazonが世界中に本を販売してくれる時代です。

 そうですよね、英語で出版したほうが断然に有利です。

 ということは、英語の書籍のほうが良い本が揃っています。

 そして、すべて日本語に訳されてはいません。

 一部の「売れる」「利益が出る」と見込まれた本しか、日本の出版社は翻訳本を出してくれません。

 ですので、英語ができないとこの業界で最新の良質な情報が手に入らないのです。

 この業界を取ってみても、やはり英語ができることが有利であることが分かりますし、世界が広がります。

 通信が5Gになれば翻訳機能がすごく進んで、外国語学習がいらなくなるといいます。本当に? 今の4Gの状況ですが、やはり訳させてもむちゃくちゃな訳です。書いてある文字の翻訳でこれなのに、流れる音を文字に変えて、それを訳させるとどうなるのでしょうか。

 しばらくはまだ外国語学習は必要なようですね。


では、幼児の子にどうすればいいのか?

 幼児向けの英語教材はたくさんあります。

 でも、こちらを参照してみてください。

https://www.waldorftoday.com/2018/11/the-dangers-of-distracted-parenting-when-it-comes-to-childrens-development-parents-should-worry-less-about-kids-screen-time-and-more-about-their-own/

 第8パラグラフに書かれていることは、どんな風に教育すればいいのかという示唆に富んでいます。

Child development is relational, which is why, in one experiment, nine-month-old babies who received a few hours of Mandarin instruction from a live human could isolate specific phonetic elements in the language while another group of babies who received the exact same instruction via video could not. According to Hirsh-Pasek, a professor at Temple University and a senior fellow at the Brookings Institution, more and more studies are confirming the importance of conversation. “Language is the single best predictor of school achievement,” she told me, “and the key to strong language skills are those back-and-forth fluent conversations between young children and adults.”

 北京語の微妙な音の識別に関しての実験が書かれています。

 実際の人の声から北京語を学んだ9カ月の子は、その微妙な音の識別ができたのに対して、ビデオで全く同じように学んだ子は識別ができなかったと買いてあります。

 つまり、いくらデジタル教材を使って子どもに英語を聞かせても、それは意味のない単なる音の洪水を流しているにすぎないというのです。

 巷には「〇〇英語システム」などという、高額な英語教材が売られていますが、、、。音の学習という意味では、お金のムダかもしれませんね。

英語教育でお金を損しないで!

 結論は、ネイティブの生の声に触れさせるならまだしも、DVDなどの英語教材を見させているだけでは、なかなか英語など身に付くことはありません。

 ですから、英語教育では焦らず子供が幼稚園、もしくは小学校に入学したくらいで、ネイティブに触れさせることから始めてはいかがでしょうか。

 何十万もするような英語教材を買っても、結局は雑音の垂れ流しに過ぎず、親の自己満足になりかねないのですから。

 このように、当院では物事の本質を追究しています。

 これは施術に関しても、お母さんへのアドバイスに関しても同様です。
 
 表面的なケアではない、ホンモノのケアをご提供しているもみの木整骨院にぜひご相談ください!


メールでのご相談

 ご自身の症状について疑問があればメールを使ってご質問ください。メールでは、どんなセルフケアをしたほうがいいかなど、具体的な内容には答えられませんので、ご了承ください。


受付時間日・祝
午前(9:00 ~ 12:00)×
午後(16:00 ~ 20:00)×××


℡ボタン 「ホームページを見て」今すぐお電話ください

a:54 t:1 y:0