腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ 手術しないやさしい施術で改善へ導く 三田市 西宮市 神戸市 また遠方から多くの方がいらっしゃいます

腰椎椎間板ヘルニア

 腰痛をお持ちの方で、この「ヘルニア」という言葉を知らない方はいないくらいに有名になりました。「ヘルニア」というのは突出という意味で、腰椎の椎間板がつぶれて突出したものを言います。

日本整形外科学会による説明

症状
腰やお尻に痛みが出たり、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります(運動麻痺)。背骨が横に曲がり(疼痛逃避性姿勢)、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みが強くなることがあります。また、脚の皮膚をなでても、何かにぶい感じがしたりすることもあります(感覚麻痺)。
原因と病態
椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢や運動などにより変性し断裂して起こります。悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。
診断
下肢伸展挙上検査(膝を伸ばしたまま下肢を挙上し坐骨神経症状の出現を見る=SLR test)や下肢の感覚が鈍いかどうかを見る検査(触圧覚検査)、足の力が弱くなっていないかを見る検査(筋力検査)等で診断が下ります。さらに、X線(レントゲン)撮影、MRIなどで検査を行い診断を確定します。ただし、MRI画像で椎間板が突出していても、症状が無ければ多くの場合問題はありません。
予防と治療
痛みが強い時期には、安静を心がけ、コルセットをつけたりします。また、消炎鎮痛剤の内服や坐薬、神経ブロック(神経の周りに痛みや炎症を抑える薬を注射する)を行い、痛みをやわらげます。腰を温めるのも良いでしょう。痛みが軽くなれば、牽引を行ったり運動療法を行うこともあります。これらの方法でよくならない場合や下肢の脱力、排尿障害があるときには手術をお勧めすることがあります。最近では内視鏡を使った低侵襲手術も広く行われるようになってきました。

※日本整形外科学会HP参照

当治療院の考え方

つぶれた椎間板
 つぶれて突出した椎間板の一部を「ヘルニア」と言います。その部分は時間経過(半年ほどと言われています)によりマクロファージ等の貪食細胞の食作用により、吸収しなくなっていきます。
 どうしても痛みが引かず日常生活に支障が出る場合や、緊急性がある場合(馬尾症候群にて排尿・排便障害が出ている、脚の力が全く入らない、感覚が完全に脱失している)などは手術にて、神経への圧迫を解除する必要があります。
ヘルニアの原因
 ヘルニアの原因はヘルニアではありません。これは当たり前のことですが、よく分かっていらっしゃらない方が多いのです。突出した椎間板の一部である「ヘルニア」は神経圧迫の原因になることはありますが、ヘルニアがヘルニアの原因にはならないのです。
 では、なぜ「椎間板が突出してしまった」「ヘルニアになった」のでしょうか? これにも原因があるはずです。「突出した椎間板=ヘルニア」の原因があるはずです。
 正常な脊柱のカーブがあり、椎間板それぞれに均等に荷重がかかれば、一つの椎間板は壊れて突出しないはずです。逆に考えると、脊柱のカーブが異常で均等に荷重されていなかったから、特定の椎間板(多くはL4/5、L5/S)が突出してしまったのです。
原因に対する検査
 上記の理論に基づくと、脊柱の自然なカーブを取り戻すことが本当の治療になります。そのために、脊椎の椎骨一つ一つに対して、正常な動きをしているのかどうかを調べます。もちろん、歪みも検査します。
原因に対する治療
 治療は動きの悪い椎骨、そして歪みがあるレベルの椎骨を矯正します。施術は優しく、ソフトに行います。治療機器も各種取り揃えています。動きを良くするために、ハイボルト治療器や超音波治療器、そして椎間板への効果が認められているプロテックⅢも使用しています。矯正手技も行います。当院はボキボキするような手技はヘルニアをお持ちの方には使用しませんので、ご安心ください。
運動療法
 椎間板に有効な運動療法に、マッケンジー法があります。これは整形外科医も認めているもので、多くの整形外科医院で採用されています。当院の院長もマッケンジー協会のコースを受講していますので、適応ならばマッケンジー法を処方させていただきます。
まとめ
 当院は、ヘルニアをレーザー等で切除するような治療は当然できません。ヘルニアの軟骨を切除するような、ヘルニアを触ってどうこうする治療をする訳ではありません。この点は医師法との兼ね合いもございますので、誤解なきようお願いします。
 しかし、原因を除去する原因療法により、手術をしても痛みが取れないような難治の方でも症状が改善するのは、正常なバランスを取り戻して、特定の椎間板に無理な力がかからなくなるからだと当院では考えております。
 医師法の問題、景品表示法の問題がありすべてをここにお書きできませんが、当院はとにかく皆さまに良くなってまた元気な生活を送っていただきたい一心で、日々施術を行っております。辛い方はそんな法律などどうでもいい、とにかく楽になれるなら助けてほしいという気持ちでいらっしゃいます。ですので、ここにお書きできることには限界がありますので、もし辛くて仕方ない方がいらっしゃいましたら、直接いらしてご相談ください。