股関節や腰の障害を防ぐ

 産後に骨盤や脊柱、その他が変化して、将来的に股関節や腰に変化を引き起こすことがあります。さらに、腰や股関節に限らず、膝や脊柱などにも影響を及ぼします。このような障害にならないためにも、歪んだ骨盤、背骨その他の要素を元の位置、さらにできれば元よりもっと理想に近い位置まで矯正することをお勧めします。
 当院は国家資格者は最低の基準であり、知識・技術を常にブラッシュアップしている、アップデートしている者しか施術しておりません。さらに、この10年以上の実績には、骨盤矯正だけではなく、幅広い疾患(変形性股関節症、変形性膝関節症、骨盤輪不安定症、グロインペイン症候群、腰椎椎間板ヘルニア腰椎すべり症等)に対応してきたので、骨盤矯正の施術だけに絞った狭い施術の院ではないことが、逆にいろんな方への対応ができることにつながりました。ここが将来の障害の予防につながる現在の施術へとなります。どうかご安心ください。

将来に起こりうる障害

腰部椎間板ヘルニア
症状は腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなります。背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものをもったりすると痛みがつよくなることがあります。椎間板は線維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。産後でバランスの崩れた骨盤の上に乗っている腰椎に不正な重さがかかった場合、椎間板が変形を起こして、ヘルニアという障害になりやすくなります。
※腰椎椎間板ヘルニアの詳細はこちら
腰椎すべり症
症状は少ない距離なら歩けるのですが、立ったり・歩いたりしているとお尻や太ももの部分が痛くなって、歩けなくなります。けれども、少ししゃがんで休めば楽になって、また歩けます。歩ける距離は日によって違いますし、患者さんによっても異なります。腰痛(腰のベルトが当たるあたり)は比較的少なく、全く腰痛がない患者さんもいます。腰椎には馬尾神経を入れた硬膜管が通っている孔があり、これを脊柱管といいます。「すべり症」では腰椎がずれることによって脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫されて症状が出ます。このすべり症になるには長年かかりますが、妊娠中の姿勢がその温床になります。産後すぐならまだ柔らかいお体ですので、過剰な脊椎の曲がりを軽減できやすいので、早めにご相談ください。
※腰椎すべり症に関しての詳細はこちら
変形性股関節症
股関節症の主な症状は、関節の痛みと機能障害です。股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。関節症が進行すると、その痛みが強くなり、場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。
※変形性股関節症についての詳細はこちら
変形性膝関節症
男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど罹患率は高くなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。
※変形性膝関節症についての詳細はこちら
内反膝(O脚)
初期症状は外見上の異常のみですが、変形が高度になると痛みや機能障害を呈するようになります。下肢の形態的異常をさします。
O脚(内反膝とも言われる)とは、両膝が外側に彎曲した状態で、左右の内くるぶし(足関節内果部)をそろえても、左右の膝の内側(大腿骨内果部)が接しないものです。原因は生理的な変形と病的な変形に大別できます。一般に、乳幼児の膝は生理的にO脚を呈しており、歩行開始後より徐々に外反していき2歳から6歳にかけては逆にX脚傾向となります。その後、外反は少し減少し、7歳ぐらいで成人の下肢形態(約4°の外反)に近くなります。また、生理的な変化は左右対称であり、痛みや機能障害などの訴えはありません。産後に骨盤の位置が変化することで、両膝間の距離が大きくなることがあります。これをほおっておくと、内反膝(O脚)が進行して、やがて膝の障害につながるリスクが上がります。
胸郭出口症候群
つり革につかまる時や、物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。また、前腕尺側と手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。指の運動障害や握力低下のある例では、手内筋の萎縮(いしゅく)により手の甲の骨の間がへこみ、手のひらの小指側のもりあがり(小指球筋)がやせてきます。鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じます。鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になります。上肢やその付け根の肩甲帯の運動や感覚を支配する腕神経叢(通常脊髄から出て来る第5頚神経から第8頚神経と第1胸神経から形成される)と鎖骨下動脈は、①前斜角筋と中斜角筋の間、②鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙、③小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の後方を走行しますが、それぞれの部位で絞めつけられたり、圧迫されたりする可能性があります。その絞扼(こうやく)部位によって、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群(過外転症候群)と呼ばれますが、総称して胸郭出口症候群と言います。胸郭出口症候群は神経障害と血流障害に基づく上肢痛、上肢のしびれ、頚肩腕痛(けいけんわんつう)を生じる疾患の一つです。頚肋(けいろく)は原因の一つです。
頸椎ヘルニア
首や肩、腕に痛みやしびれが出たり(神経根の障害)、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります(脊髄の障害)。背骨をつなぐクッションの役割をしている椎間板が主に加齢変化により後方に飛び出すことによって起こります。30~50歳代に多く、しばしば誘因なく発症します。悪い姿勢での仕事やスポーツなどが誘因になることもあります。飛び出す場所により、神経根の圧迫、脊髄の圧迫あるいは両者の圧迫が生じます。

(参考:日本整形外科学会)